サービスアドバイザー/北郷尚久

自己紹介をお願いします。

サービスアドバイザー/北郷尚久

1994年にメカニックとして入社。2年位でサービスアドバイザーになり、キャリアは20年以上になります。日頃から心がけていることは、お客さまには、単に伝えるのではなく、いかに理解していただくか、でしょうか。ほとんどのお客さまは、車の専門用語や、エンジンの内部等、メカニック的なことはわかりません。私の場合は、基本的に横文字やカタカナを控え、専門用語は使わず、人間の体の動く部分、関節に例えての様にご説明するようにしています。

趣味はありますか。

一時ゴルフに夢中でしたが、子供ができてからはプレーする時間がなくなりまして、今の趣味は、個人所有のメルセデス・ベンツをメンテナンスすること。私が入社した年のモデルなので、かれこれ22年もの。手はかかるのですが、趣味と実益といいますか、それはそれは、楽しいです。

もう一つは、趣味といえるかどうか。時間がある限り子供と遊ぶことと、受験のお手伝いです。(笑)年子なものですから、二年連続、この時期は、寝る時間もない位に大変です。もう何十校でしょうか、願書をたくさん書きました。(笑)

嬉しかった事はありますか。

アフターサービスの仕事というのは、点検や修理を通して、お客さまの快適なカーライフをサポートすること。そして今のお車とカーライフにご満足頂き、その延長線として、次のお車もメルセデスをお選びいただけるように、常にベストをつくすことが大事だと思っています。
その方は、他店でメルセデス・ベンツを購入されメンテナンスのみ担当させていただくという関係でしたが、数年前からのおつきあい。何度か、点検等の際にお話をさせていただくうちに、つい先日、当支店にて新車をご購入いただきました。車を販売するのが、私の本来の仕事ではないのですが。その方は、「今回こんなことになったのは、君のせいだからね」と。照れ隠しからか、わざと言葉を悪くしてほめていただいて。嬉しかったですね。